港区の税理士・金子会計事務所

業務案内:セカンドオピニオン

セカンドオピニオン/決算書・申告書チェック

「顧問税理士の作成している決算書、税務申告書は正しいのだろうか?」
顧問税理士が誠実に説明義務を果たし、会社も税理士に絶大な信頼を寄せていれば、こうした不安はないはずですが、すべての会社がそうであるとは限りません。そこで、決算や税務申告内容の結果になんらかの不安を抱えている会社様に向けて、決算申告内容を診断するセカンドオピニオンサービスをご紹介します。

例えば、税理士変更を考えている場合、まずは、こちらのセカンドオピニオンサービスをご利用頂いてから検討してみてはいかがでしょうか。

ヒアリング

ご来所いただき1時間ほどの面談を行います(無料)

【確認させていただくこと】
・会社の概要、業務や取引の特性
・特に調査してほしい事項
・税理士の関与度合や決算の進め方、過去の税務調査の結果 など
※決算資料を持参頂ければ、より具体的な打ち合わせが可能です。

正式なご依頼
調査・診断(3時間限定3万円)

直近2期の申告書、総勘定元帳をお預かりして調査実施

【調査する項目】
・会計処理の妥当性
・課税所得計算の妥当性
・税務否認リスク事項の有無
・税制上の優遇措置等が正しく適用されているかの確認など

【報告内容】
・会計処理、所得計算上の誤りと思われる事項
・税務上、不利または不利益となっている可能性のある処理
・税務調査があった場合に指摘される可能性のある処理
・その他の懸念事項

さらに個別事項について詳細調査を希望される場合
個別詳細調査

1回目の調査で、さらに詳細な調査を要すると判断したものについては、

  •  ①調査に要する想定時間
  •  ②調査に必要な書類
  •  ③調査により発見される可能性のある不具合を
    ご提示しますので、さらなる詳細調査を希望するかどうかをご判断ください。

※ご依頼頂く場合は、別途10,000円/時間

サービスのポイント

  • 事前のヒアリング面談は無料。守秘義務もございますので、安心してご相談ください。
  • まずは3時間限定の一律3万円の調査を実施しますので、限られた予算で問題点の把握ができます。
  • さらに詳細な調査によって発見しうる不具合については、想定される調査時間と費用を事前にご提示しますので、重要性のある事項かどうかを判断のうえ、引き続き調査を進めるかを選択できます。
  • 会計法人から報酬を請求しますので、税理士が関与していることは容易にわかりません。


Copyrights © Kaneko Accounting Office All rights reserved